TEL

ヘルニア

<ヘルニアの施術はくじら接骨院で>

○ヘルニアで腰が痛くなる原因とは?

ヘルニアで腰が痛くなってしまうのには、原因があります。

  • 足の軸がズレていて負担がかかっているのに自覚していない
  • 体幹のバランスが悪くて可動域が少ない
  • 本来の自然治癒力が落ちていて時間と共に治るものがなかなか治らない

この3つの悪循環を断ち切る事で、ヘルニアのつらい痛みから解放されるでしょう。しかし実際、腰痛の多くが原因不明でうやむやになってしまう事が多いです。

○腰痛の85%が原因不明

少し医学的な話をしてしまうと、腰痛のうち85%は原因不明だと言われています。それだけ腰痛の原因は把握しづらいという事です。これは厚生労働省が発表している数値でもあります。それでは腰痛にならないようにするにどうすればいいかというと、疲れをためない事も大切です。くじら接骨院でもヘルニアの施術をしていますが、原因をしっかり追究していきます。

○ヘルニアにならないためには疲れを回避すること

ヘルニアを予防するには、疲れをためないことです。腰に疲れが蓄積されてしまうと、それだけヘルニアにかかりやすくなってしまいます。疲れをためないようにするためにも、日頃からケアしていく事が大切です。くじら接骨院で施術を受ける事も勿論おすすめですが、それ以外にもご自分での心がけも大切でしょう。
例えば基本的な事ですが、休息、運動、食事、この3つのバランスをうまく保つ事は必須です。生活習慣の基本ができていれば、疲れもたまりにくく、ヘルニアになる確率が下がるからです。

まずはお気軽にくじら接骨院へご来院ください。